NEWS|ヨガウェア-Real Stoneでは着やすくエレガントな、ヨガを楽しめるヨガウェアを取り揃えております

NEWS

COLUMNヨガで秋バテ対策!季節の変わり目に心身を整えるポーズ3選

ヨガで秋バテ対策!季節の変わり目に心身を整えるポーズ3選

季節の変わり目には寒暖差があり、また気候が乱れやすいため、体調を崩してしまうことがあります。疲れやすかったり、食欲がなかったりと、不調を感じていないでしょうか? そんな“秋バテ”対策におすすめのヨガのポーズをご紹介していきます。

ヨガコラム

ヨガのポーズで秋バテ対策

秋は1年のうちでも気候が穏やかで過ごしやすい季節だといわれます。ところが、実は季節の変わり目でもあるため、体が疲れを感じやすかったり、気分が落ち込みやすかったりすることも珍しくありません。

特に、夏から秋へと移り変わる時期には、「三寒四温」と呼ばれる激しい寒暖差があります。それだけでなく、台風が多いことから、気圧の変化も大きくなりやすいのです。意外と体に疲れが溜まりやすいため、体調管理に配慮しておきましょう。

過ごしやすい気候のなかで自覚しにくい“秋バテ”。もしも不調を感じたら、ヨガのポーズで心と体にアプローチしてみてください。今回は、季節の変わり目である秋におすすめのポーズを3つご紹介します。

【1】体をねじって整える「アルダマッツェンドラーサナ」

ヨガコラム

ポーズの特徴

代表的なねじりのポーズであるアルダマッツェンドラーサナは、別名「半分の魚の王のポーズ」とも呼ばれます。筋肉や内蔵に刺激を与えることで、体を整える効果が期待されているポーズです。夏から秋にかけての季節の変わり目は、寒暖差で体調を崩す方が増えやすくなります。ポーズで体を整えて、快適に秋を迎えましょう。

ポーズのとり方

まずは両足を伸ばして長座の形で座りましょう。この状態で右足の膝を引き寄せるように曲げ、左足をまたぐように越えたら、足裏を床につけます。床にある左足は、足先が右の腰の横へ来るように、膝を曲げてください。

吐く息とともに、体を右方向へねじりましょう。右手は右のお尻の後ろにつき、軽く床を押して背筋を伸ばします。左手は肘を曲げて、立てた右膝の外側にかけ、ねじりを深めていきます。最後に、頭を右方向へねじりましょう。

ゆったりと呼吸をして、吸う息とともに上方向へ背筋を伸ばし、吐く息とともに右方向へねじりを深めます。何呼吸かキープした後に、吐く息で手足をほどき、長座に戻りましょう。同様に左側も行ってください。

【2】呼吸の力で体をほぐす「シャラバーサナ」

ヨガコラム

ポーズの特徴

シャラバーサナは体の背面を大きく使うポーズで、別名「バッタのポーズ」と呼ばれます。呼吸に集中しながらキープすることで、体がほぐれていきます。ストレスの解消につながりやすいのも特徴です。秋から冬へかけて日照時間が減ると、気分が落ち込みやすくなることも。そんなときはヨガのポーズでほっと息抜きをしましょう。章

ポーズのとり方

まずはうつ伏せの姿勢になりましょう。両腕は手のひらを天井向きにして体側に沿って置き、頭部は額を床につけて置きます。両足は揃えて、真っ直ぐに伸ばしてください。この状態で痛みが生じるときは、床にヨガブランケットを敷いて和らげます。

吐く息とともに、ゆっくりと頭・胸・両腕・両足を持ち上げましょう。このとき、お腹と骨盤は床につけたまま、体全体を前後の方向へ伸ばすように意識します。何呼吸かキープしたら、吐く息とともに持ち上げた部分を下ろして解放してください。

体を痛めることがあるため、首や腰を無理に反らせるのは避けましょう。体が上がらないときは、両手を床について押して、上体を持ち上げようとしても構いません。また、足が上がりにくいときは片足ずつ交互に持ち上げても良いでしょう。

【3】喉と胸を開いてリフレッシュ「ウシュトラーサナ」

ヨガコラム

ポーズの特徴

「ラクダのポーズ」とも呼ばれるウシュトラーサナ。体を大きく後屈させることで胸を開き、肩こりの改善や姿勢の調整につなげます。夏の暑さで消耗した体力をチャージし、心身をリフレッシュさせたい方におすすめのポーズです。腰を痛めないよう体の使い方に注意して取り組みましょう。

ポーズのとり方

まずはかかとを立てて膝立ちになり、両足を腰幅に開きましょう。両手の指先を下へ向けて、手の平を腰の後ろに当ててください。この状態から、尾骨を内側にたくし込み腰を反らないよう気をつけながら、上体を後ろへ引いていきます。

このとき、同時に腰を前方向へと押し出すようにして、体の前面を伸ばしてください。首は呼吸をしやすく緊張しにくい、ニュートラルなポジションを保ち続けます。さらに可能であれば、両手をかかとの上へ置いてください。

数呼吸キープしたら、両手をふたたび腰の後ろへ戻してから、吸う息とともに上体を持ち上げていきます。ポーズから解放された後は、バーラーサナ(子どものポーズ)でしばらく体を休ませると良いでしょう。

秋におすすめのヨガのポーズを3種類ご紹介しました。ヨガは心と体の調子を整えたいときにも向いています。季節の変わり目に起こりやすい“秋バテ”が気になるときは、自分のペースでヨガに取り組んで、快適に過ごしましょう。その際は、リアルストーンの秋物ヨガウェアを身につけ、ヨガやワークアウトをお楽しみください!

 デザインロングスリーブTシャツ RS-C390TS
 Tシャツ RS-C389TS
 8分丈ラフレギンス RS-L483S

◆RealStone商品購入はこちら◆
https://www.bodyartwebstore.jp/category/realstone

CATEGORY
PRODUCTS
EVENT
SHOP NEWS
COLUMN
ARCHIVES
November 2019
October 2019
September 2019
August 2019
July 2019