NEWS|ヨガウェア-Real Stoneでは着やすくエレガントな、ヨガを楽しめるヨガウェアを取り揃えております

NEWS

COLUMNホットヨガ・ビクラムヨガ・岩盤ヨガの違いとは?

ホットヨガ・ビクラムヨガ・岩盤ヨガの違いとは?

現在日本で知られているだけでも、ヨガにはたくさんの種類があります。そんな中でも、レッスン中にたくさんの汗をかくことでお馴染みなのが、「ホットヨガ」「ビクラムヨガ」「岩盤ヨガ」です。これらのヨガには、それぞれどのような違いがあるのでしょうか?

ここでは、3種類のヨガの特徴についてご紹介します。

ヨガコラム

ホットヨガの特徴

「ホットヨガ」の特徴は、室温40度前後かつ湿度60%前後という特殊な環境に整えられたスタジオで、ヨガのポーズをとることです。この環境下で体を動かすと、通常のヨガと比べて大量の汗をかきやすくなります。ホットヨガは、専用のヨガスタジオのほか、スポーツジムなどでもレッスンが行われています。
ホットヨガのレッスンに登場するポーズそのものは、一般的なヨガとほとんど変わりありません。しかし、比較的新しく登場したヨガであるため、レッスンのプログラムは現代人のライフスタイルに合わせて組み立てられています。ダイエットや美容目的で通う方が多く、若い女性を中心として流行中です。ヨガを始める入り口として、ホットヨガにふれる方も多くいらっしゃいます。

レッスンに取り入れられているヨガは、基本的には呼吸に合わせてポーズを取ることから「ハタヨガ」に分類されます。ポーズの効果や消費カロリーに関しては、通常のヨガとそれほど変わりがありません。ただし、たくさんの汗をかくことで、デトックス効果や美肌効果が期待されています。

常温のスタジオで行われる通常のヨガでは、空調設備があるため夏場でも汗をかく量は少ないといえます。その反対に、ホットヨガはスタジオが高温多湿であるため、気温の低い冬場でも変わらずに大量の汗を流せます。

おすすめヨガウェア

 タンクトップ RS-L424T(1805 RealStone)
 7/10テーパードパンツ RS-L426S(1805 RealStone)
 デザインTシャツ RS-C336TS(1805 RealStone)
ヨガコラム

ビクラムヨガの特徴

「ビクラムヨガ」は、ホットヨガのもとになった元祖とも言われている、現代ヨガの流派のひとつです。創始者はインドのヨギーである、ビクラム・チョードリー先生。室温40度かつ湿度40%以上という、高温多湿のスタジオでヨガを行います。

現在のホットヨガにも通じるこのスタイルは、もともと体の柔軟性を高めて、呼吸を深く血流を促すために、ビクラム先生が考案したものでした。そんなビクラムヨガのクラスは、90分間と決められています。プログラムの内容は、毎回決められたポーズを決められた順番でとっていくというもの。一般的なホットヨガのレッスンが60分前後であるのと比べると、1レッスンあたりにかなりじっくりと時間をかけていることがわかるでしょう。世界中にあるビクラムヨガのスタジオでは、老若男女を問わずに世界共通で同じプログラムが行われています。

ビクラムヨガには「レッスン中には緑色のものを身に着けてはいけない」という決まりがあります。ビクラム先生は、グル(尊敬する師匠)であるビシュヌ・ゴーシュ先生の身の回りにいる方々が、緑色を身につけたとき不幸に見舞われたことから、緑色を避けています。そのため、ビクラムヨガでも緑色は使用禁止とされているのです。

このように、ビクラムヨガにはオリジナルのプログラムがあり、かつ世界中でも同じプログラムが行われているという特徴があります。日本国内にもいくつかのビクラムヨガのスタジオがあり、ビクラムヨガの専門家である公認ティーチャーから指導を受けられます。

おすすめヨガウェア

 タンクトップ RS-C362TT(1811 RealStone)
 7分丈テーパードパンツ RS-C365PP(1811 RealStone)
 Tシャツ RS-L440T(1808 RealStone)
ヨガコラム

岩盤ヨガの特徴

「岩盤ヨガ」では、38度前後に温められた岩盤の上でヨガを行います。スタジオの湿度は70%前後。室温は温かいものの調整は行われておらず、あくまで岩盤の温度によって自然と温められている点で、ホットヨガと異なります。しかし、レッスン中に大量の汗をかくのはどちらにも共通しているポイントです。

多くのスタジオが天然の岩盤を床に使用しているため、レッスンを受けているうちに岩盤の熱が伝わって、自然と体が温まります。急激に体温が変化するのではなく、じんわりと体が温められていくことから、暑さによる息苦しさを感じにくいともいわれています。初心者でも安心して始められるのが魅力でしょう。

岩盤ヨガには、岩盤によって体が温められることで、柔軟性が高まり動きやすくなるというメリットがあります。ホットヨガと同様に、初めてのヨガとして挑戦する方が少なくありません。なお、岩盤ヨガのレッスンに登場するポーズは、一般的なヨガとほとんど変わりがなく、その効果や消費カロリーにも変わりがありません。

そんな岩盤ヨガは、大量の汗をかけることや、温かい岩盤にふれられることから、冷え性の方におすすめされているヨガです。また、デトックス効果や美肌効果も期待されています。岩盤の上でリラックスしてヨガを楽しめます。

おすすめヨガウェア

 Nadie シームレス ショートトップ RS-I016T(RealStone)
 Pullushボトムシリーズ(RealStone)

大量の汗をかくヨガとして知られる、ホットヨガ・ビクラムヨガ・岩盤ヨガのそれぞれの特徴についてご紹介しました。いずれも高温多湿のスタジオで体を動かすということで、似ている部分も多くあるものの、異なる部分も多くあります。

いずれのヨガも、大量の汗をかく点は同じです。ヨガウェアブランドのリアルストーンには、高い吸汗・速乾性に優れたヨガウェアが用意されています。爽快感のあるヨガを始める方は、ぜひ速乾性のある素材でできた、着心地のいいヨガウェアを身につけてみてください!

◆RealStone商品購入はこちら◆
https://www.bodyartwebstore.jp/category/realstone

CATEGORY
PRODUCTS
EVENT
SHOP NEWS
COLUMN
ARCHIVES
September 2019
August 2019
July 2019
June 2019
May 2019